西城耳鼻咽喉科アレルギー科 SAIJO  Ear,Nose,Throat and Allergy Clinic

アルゴンプラズマ療法について


アルゴンプラズマ療法の施行スケジュール

初診時

  • 鼻内の状態を確認します。
  • 必要に応じてファイバースコープで観察して副鼻腔炎などの合併症を確認します。
  • 必要に応じてアレルギー検査などを行います。
  • アルゴンプラズマ療法の適応があれば血液検査(血液凝固能、感染症など)を行います。
  • 施行日の予約(検査翌日以降)をしてください。

アルゴンプラズマ療法施行日

  • 全身状態、鼻の状態、血液検査結果の確認をします。
  • 痛み止めの薬がついた綿を鼻の中に入れます。30〜40分程度入れたままで待ちます。場合によって綿の入れ替えをします。
  • 痛み止めの薬のついた綿を鼻内から取り出します。
  • 痛み止めが効いていることを確認してからアルゴンビームを照射(2〜3分で終ります)します。
  • 照射後、出血や気分不良などがないことを確認します。
  • 帰宅。

術後1週間

  • 鼻内の状態確認と術後処置を行います。

術後2週間

  • 鼻内の状態確認と術後処置を行います。問題がなければアルゴンプラズマ療法に関しては治療終了です。

<補足>
※1 アルゴンプラズマ療法施行日は1時間30分程度の時間的余裕をもって来院してください。

サイトトップへもどる

Copyright (c) 2005 SAIJO Ear,Nose,Throat and Allergy Clinic. All Rights Reserved
サイトトップへもどる