スギ花粉症の舌下免疫療法とは?

免疫療法とは、病気の原因となるもの(アレルゲンと言います)を少ない量からゆっくり増やして体内にいれて治そうとする方法です。例えば、スギ花粉症の場合には、体に安全な低量の医療用のスギ花粉抽出物を体内に入れ、安全性と反応を見ながらゆっくりと量を増やして、体質を徐々に変えていく治療です。

舌下免疫療法の効果は?

免疫療法は現状では唯一の花粉症を治し得る治療法とされています。しかし、全員には効きません。おおよそですが、治療後の様子をうかがうと、治療を行った方の20%で花粉症が治癒し、30%以上でかなり楽になり花粉症薬の薬が激減した、20~30%で症状はあるが以前より楽と答えられます。残念ながら10~20%では治療効果がありません。

どうやって舌下免疫療法は行うの?

スギ花粉から抽出した薬を舌下(舌の裏)にいれます。舌下に1~2分(治療薬により異なる)保持したままそっとしておき、その後に飲み込みます。1回目の舌下投与は医療機関で行ないますが、以降は毎日自宅で行ないます。

いつから始めるの?

安全に治療を行なうために、スギ花粉の飛散する前後に舌下免疫療法を開始できません。治療開始は6月から11月中旬がよいとされています。1月から5月は治療を開始できない時期と考えてください。また、スギ花粉の飛散が始まる3ヶ月以上前から治療を開始すると効果的です。

通院はどうなる?

毎日の通院は不要ですが、定期的な通院が必要です。治療開始後の数回は2週間毎に来院していただき、副作用が無く安全にできているかを確認します。その後は月に1回の通院が必要です。1ヵ月以上の長期の投薬はしません。この薬は医師の処方箋無しに薬局で買うことはできません。

治療の副作用は?

この薬は合成薬ではなく、自然界にあるスギ木の花粉から薬用に成分抽出されています。そのため、薬害は無いと考えられますが、理論的には舌下直後にアナフィラキシーとよばれる強いアレルギー反応を起こす可能性があります。つまり、スギ花粉にアレルギーがある患者さんにスギ花粉で治療するわけですから、口にスギ花粉を入れることによりアレルギー反応が起こる可能性があります。このような反応を副作用と呼ばず、副反応と呼びます。これまでの海外での実績で重篤な副反応はきわめて稀であり、従来の注射による方法よりもかなり安全とされます。しかし、軽い副反応はありますので、治療時にはよく理解する必要があります。軽い副反応は、決して怖いものではありません。よく理解していただければ、安全に行なえます。

治療前に効果があるかないかわかるの?

舌下免疫療法の最大の問題点は、せっかく長期間の治療をしたのに効果が少ないかたがあるということです。治療前にどのようなかたが効果的で、どのようなかたが全く効かないかがわかれば問題ないのですが、残念ながらそれがわかりません。舌下免疫療法の有効率は80%以上と予想されますが、逆に10~20%のかたで効果が少ないということになります。多くの研究施設がこの問題に取り組み検討してきましたが、まだ治療前に効果を予想できていません。

他のお薬を飲んでもいいの?

舌下免疫療法を行なっていても、花粉症の症状がでたら適切にお薬を使ってください。我々の舌下免疫療法の考えは、併用薬の量を少なくして、症状を軽減する治療と考えており、全ての方が薬を飲まなくてすむ治療とは考えていません。花粉飛散が非常に多い時には症状も出やすくなりますので、我慢せずに適切な薬の併用をお勧めしています。ただし、免疫の力で体質を改善する治療ですので、ステロイドという全身の免疫能を減らす飲み薬の併用を控えてもらう様にお願いしています。ステロイドは、アレルギーにも効果のある薬です。ステロイドの内服薬は、連用すると副作用も出やすいので、一般的に使用の際には注意が必要です。一方で、ステロイドの点眼や点鼻薬は花粉症にも効果が高く、よく使われる薬です。ステロイドの点眼や点鼻薬は全身に作用しませんので、舌下免疫療法と併用して構いません。内服薬のみ控えていただいています。

治療期間は?

舌下免疫療法は、始めたら数日で効果の出るような治療ではありません。長期間の治療が必要です。花粉症症状を抑え込む治療ではなく、免疫を変え、体質を改善する治療です。長い期間かけて少しずつ良くする治療であることを理解してください。即効性を期待してはいけません。まずは、2年ほど舌下免疫療法を行い、効果を確認しましょう。そこである程度効果のある方には合計4~5年間の治療を勧めています。

なぜ何年も治療が必要なの?

ゆっくりと時間をかけて治す治療であることは、これまでの説明の通りですが、免疫療法は治療期間が長くなれば効果が高まります。我々は2005年から舌下免疫療法を開始しています。舌下免疫療法では、初年度より2年目、2年目より3年目以降で効果が高くなります。体の免疫能(体質改善)が高まるからと考えられます。従って、何年も治療すると効果がより高まるため、長い間の治療を勧めています。ただし、初年度より2年目の方が効果的ですが、初年度に効かないわけではありません。また、スギ花粉の飛散数は年により異なります。増減を繰り返すことが多いので、スギ花粉飛散が多いか少ないかでも効果が変わりますので、数年での効果をみるとよいでしょう。

一生行う必要があるの?

3~5年行えば、治療を止めても効果が長く持続すると考えられています。舌下免疫療法を4~5年行うことを勧めています。舌下免疫療法は、全員に効くものではありません。効かないかたもみえます。また、数年で効果が高まりますので、まずは2年をめどに開始し、効果のあるかたには4~5年の継続を勧めます。そこで、終了しても効果は持続すると考えられています。終了して何年も経過すると、また、スギ花粉症が悪くなるかたが出てきます。その場合には、その時点で再度1~2年間の舌下免疫療法を行うと、効果が元に戻ると考えられます。注射の方法は、再度行う場合にも最初からやり直しとなり、時間がかかりますが、舌下免疫療法では再度行う場合も短期で行える利点があります。

ダニの舌下免疫療法と同時にできるの?

スギ花粉症の舌下免疫療法とダニの舌下免疫療法の両方を同時に開始するのは勧められていません。まずは片方から治療します。片方の治療が安定すれば、他方も追加できる場合もありますので、治療時にご相談ください。

スギ花粉症以外のアレルギーがあっても大丈夫?

スギ花粉の舌下免疫療法はスギ花粉症に対する治療で、他のアレルギーのための治療ではありません。しかし、他のアレルギーへの効果を期待できないことに理解できれば、スギ花粉の舌下免疫療法は行なえます。1年のうちで特にスギ花粉飛散期の症状がつらいのでスギ花粉症を治したいのであれば、他のアレルギー性鼻炎を合併していても治療は可能です。ただし、しっかりコントロールされていない喘息等を合併していると適応外となることがありますのでご相談ください。

適応と適応外は?

まず初めに大切なことは、スギ花粉症であることを明確に証明しなければなりません。採血などの検査で診断をします。検査などで治療の適応と判断されたかたでも以下の方は適応外です。


  • 妊娠されているかた、および、近いうちに妊娠希望のかた
  • 重症の喘息を合併しているかた
  • 重い心臓の病気を合併しているかた
  • 癌の治療をしているかた
  • 免疫不全などの病気の方 治療で免疫抑制剤を使用しているかた
    ※高血圧でベータブロッカーという薬を服用している方は、他の薬に変更する必要があります。

適応年齢は?

子供の治療は、適応上では何歳からでも可能ですが、治療を上手くできるかを考えると5歳くらいから可能と考えています。また、治療には採血による検査が必要ですので、採血をさせてくれるお子様が適応となります。

高齢者のかたは、適応外ではありませんが、効果のある方の割合がやや少なくなると予想されます。また、毎日の舌下投与を4年以上行ないますので、スギ花粉症の時期に数ヶ月間の治療を繰り返すのがよいか、あるいは、毎日舌下免疫療法をするのがよいかをよく考えてください。

当院で舌下免疫療法を受ける前の再確認です。

  • スギ花粉症でお悩みですか?
    他の花粉症やハウスダストのアレルギー性鼻炎治療ではありませんか?
  • 1ヵ月に1回の通院が必要です(治療開始直後の最低数回は2週毎)。
    通えますか?
  • 毎日舌下投与します。治療期間も年単位です。
    根気よく治療ができますか?
  • 根治するかたもみえますが、効果のないかたもみえます。
    全員が根治する治療でないことを理解していますか?
  • 1月~5月には治療を開始できません。